収益物件の選び方|不動産投資を成功させよう

アパート経営のテクニック

グラフ

個人が大阪で収益物件を買うときにはアパートが最適であり、管理コストが割安な新しい物件を選ぶべきです。大阪の一棟売りのアパートに注目する個人が多い理由は、家賃収入が魅力的なことや、将来的な値上がりも期待できることです。

詳細へ

事業向けの物件の経営手法

住宅

居住用の物件に比べて、大阪ではビルや店舗などの事業用の収益物件への投資が大人気です。事業用の物件は利益率が高く、企業が副収入を得るために買うケースも多いです。コンセプトに合わせて立地にこだわって物件を買うことが、収益性を高めるための秘訣です。

詳細へ

収益性の高い物件とは

集合住宅

再開発が進む大阪では、不動産投資が人気を集めています。その中でいかに収益物件を探すかがポイントになります。キャピタルゲインを狙える新築物件か、安く購入できる中古物件が収益性が高いものとして注目されています。

詳細へ

視点を変えた不動産投資

家

高利回り物件の選び方

最近では大都市で収益物件を購入するのが大きな流れであり、大阪市でも中心部のエリアで物件を探す傾向が顕著です。不動産投資家が好んで購入しているのが、10パーセント以上の高利回りが期待できるマンションやアパートです。将来性を考えて大阪で収益物件を探している人たちに人気があるのが、オフィス街に立地する一棟売りのビルです。利回りの高い物件はとても魅力的ですが、購入対象を絞り込むときには慎重な姿勢が不可欠です。修繕費用がかさむ場合には利回りが下がるので、建物の状態が良好な物件を厳選するのがすべての基本です。様々な物件を見学する中で良い物件を見つけ出すスキルを身に着けるべきであり、将来的なコストも意識しながら物件を選ぶのがポイントです。

郊外の物件の特色

市内中心部の物件の人気が過熱する一方で割安感が強まっているのが、大阪市の郊外にある収益物件です。居住用物件が周辺地域には多くあり、事業用物件と比べると家賃収入が安定しているのが特徴的です。価格も手ごろで継続的に家賃収入が得られるために、大阪市郊外の収益物件の人気も根強いです。アパートやマンションへの投資が一般的ですが、視点を変えて一戸建てへの投資を行う人も増加傾向です。ファミリー向けの物件への需要が大きいので、一戸建て住宅は魅力的な投資対象です。3000万円前後の一戸建てを買ってリフォーム工事を行うのが、貸家の経営を成功させる秘訣です。駐車スペースと庭があるために、貸家であれば満室経営が実現できるでしょう。